cinetribe2005 presented by PLANET Studyo+1
movies schedule cafe event closing tickets access links bbs

■昨年度シネトラブ監督賞援助作品となる「ループ ゾンビ」のプレミア上映を皮切りに、“ピンク七福神”と呼ばれた七人の中から鎌田義孝監督のインディペンデント映画、田尻裕司監督の新作、加えて一昨年に特集した最後の独立派・帯谷有理監督の初長編デジタル作品を一挙上映!!ゲストも多数来場!お見逃しなく!!

料金●当日一般¥2000
    当日会員¥1800(PLANET、第七藝術劇場会員様)
    前売   ¥1800(第七藝術劇場、PLANETにて販売中)

※シネトライブ回数券、フリーパスはご使用になれませんが、ご提示により当日会員料金となります。

ループ ゾンビ
ループ ゾンビ

7/31(日)4:15〜舞台挨拶 4:25〜本編上映
会場●第七藝術劇場
2005/16mm/25min/B&W

監督・脚本●西尾孔志
撮影●高木風太 録音●松野泉
出演●信国輝彦、川口渉、牧野鏡子、渡辺大介
■昨年の「赤を視る」に続き、シネトライブがプロデュースする作品の第二弾は、大阪市が主催する第1回CO2において「おちょんちゃんの愛と冒険と革命」が企画制作部門でシネアスト・大阪市長賞を受賞した西尾孔志監督と「堤防は洪水を待っている」(監督:山田雅史)でCO2主演男優賞を受賞した信国輝彦が組んだ奇妙なSF。

■STORY■
改造拳銃を作り、「いつか起こる何か」を待っている男・ムグチ。妻に逃げられ、ギャンブルにのめり込んでは静かに破滅を待つ男・松本。まったく関係の無い二人の駄目な男。
ある日、交通事故に遭ったムグチは、次の瞬間、見知らぬ松本の部屋にいた。「あれ?俺、死んでないの・・・?」


西尾孔志監督、信国輝彦氏の舞台挨拶あり!

孕み・白い恐怖
孕み・白い恐怖
7/31(日)4:55〜舞台挨拶&トーク 5:25〜本編上映
会場●第七藝術劇場
2005/DV/72min

監督●田尻裕司
プロデューサー●生駒隆始
脚本●佐藤有記
撮影監督●飯岡聖英

製作●「孕み-HARAMI-白い恐怖」製作委員会
配給●ステップ・バイ・ステップ

出演●前田亜季(「バトル・ロワイヤル」「リンダ・リンダ・リンダ」)
■瀬々敬久監督や今岡信治監督の助監督を経て1999年「OLの愛汁 ラブジュース」で知られる国映の「七福神」の一人・田尻裕司監督の一般映画デビュー作を国内初のプレミア上映。脚本は「ユダ」「肌の隙間」で注目された新人・佐藤有記。「悪魔のいけにえ」「ハロウィン」などに通じる70−80年代風の殺戮系モダン・ホラーとなった。

■ヒロインの17歳の妊婦ユイを演じるのは前田亜季。大雪ふりそそぐ山中で血の海に染まる大胆な大殺戮シーンを見事に演じた。

■STORY■
大雪に覆われた、人里離れた村に妊娠中の17歳のユイが両親とともにやってきた。叔父夫婦の住むペンションで静かに出産を迎えるためだった。しかし近所の山小屋に住む異様な風貌の盲目の男・坂田にユイが近づいたために一家を巻き込んだ大殺戮が・・・。


前田亜季さん、田尻裕司監督他、来館予定!

ユメノ
ユメノ
7/31(日)6:45〜舞台挨拶&トーク 7:05〜本編上映
会場●第七藝術劇場
2004/DV/72min

監督●鎌田義孝
脚本●井土紀州、鎌田義孝
プロデューサー●浅野博貴、朝倉大介、岩田治樹
出演●菜葉菜、小林且弥、金井史更

配給●アルゴ・ピクチャーズ
■テレビドラマの演出家を経てピンク映画界に飛び込み、90年代末に「サラ(若妻 不倫の香り)」「ノー・ウーマン★ノー・クライ(あぶない情事 獣のしたたり)」で知られる鎌田義孝監督が「LEFT ALONE」などが話題の井土紀州と脚本を書き、5年ぶりに復帰した一般デビュー作。

■STORY■
ヤクザに脅され金を作るため無関係の一家を惨殺してしまい、逃亡する男ヨシキ。退屈な日常の中に確かなものを見出せない少女ユメノ。小学生にしてすでに、将来を見切ってしまった少年リョウ。それまでの人生で全く接点のなかった三人はどうして出会い、一台の自動車に乗り込んで雪深い北海道を逃亡するに至ったのか。そして、彷徨の果てに彼らを待ち受けるものは…。

http://www.netcinema.tv/yumeno/


鎌田義孝監督他、来館予定!!

サイケデリック・オルガン・パンダ
サイケデリック・オルガン・パンダ
7/31(日)8:40〜舞台挨拶&トーク 8:55〜本編上映
会場●第七藝術劇場
2004/DV/111min

監督・編集・原案・録音●帯谷有理
音楽●帯谷有理(作詞・作曲)
エグゼクティヴ・プロデューサー●越後谷卓司
出演●菅沼クロード、福森慶之介、安部まりか

企画●愛知芸術文化センター
■80年代から90年代にかけて「毛髪歌劇」「厭世フフ」など独自の8mm作品を作り続け、孤高のインディペンデント映画作家であり続けた帯谷有理の新たな挑戦。毎年「身体」をテーマに、他のアートとのコラボ作品を送り出す愛知芸術文化センターの企画として時間をかけて完成した。

■STORY■
奇妙な大都会にマレーシア系不法残留メイメイが父を探しにやってきた。都会の裏側では国籍不明の画家クロードらジャンキーの仲間たちが薬物更正施設に身を寄せ“サイケデリック・オルガン・パンダ”を奏でる。一方、先天性四肢障害の初老の大道芸人ノスケとの出会い。LSDのオーバードーズとサイケデリア(幻覚世界)の狂繰!!


帯谷有理監督他、来館予定!!

■上映スケジュール■

4:15〜「ループ・ゾンビ」(上映前に西尾孔志監督、主演の信国輝彦さんによる舞台挨拶あり)

4:55〜「孕み-HARAMI-白い恐怖」(上映前に田尻裕司監督、主演の前田亜季さん生駒隆始プロデューサーによるトークあり)

6:45〜「YUMENO-ユメノ」(上映前に鎌田義孝監督、主演の菜葉菜さん(予定)、小林且也さん(予定)によるトークあり)

8:40〜「サイケデリック・オルガン・パンダ」(上映前に帯谷有理監督によるトークあり)

(10:50頃、終映予定)※トークの都合により遅れる場合がございます。


赤を視る 2−1... CO2
シネトライブ2004 | シネトライブ2003 | シネトライブ2002 | シネトライブ2001