※この作品はインディペンデント映画の映画祭「シネトライブ2003」の監督賞を受けてKodakの協賛で製作されました。  シネトライブとは⇒
シネトライブのページへ PLANET Studyo+1 のページへ

ストーリー キャスト&スタッフ 予告編 撮影日記 監督について
>>キャスト&スタッフ
 製作  Aqua shelter/シネトライブ2004
 配給 PLANET Studyo+1
 プロデューサー 富岡邦彦
 監督・脚本 浅川周
 撮影 近藤龍人
 美術 宇山隆之
 音楽 あらかじめ決められた恋人たちへ
 出演 溝口麻衣、岸本真美、細江祐子
キャスト&スタッフの詳細はこちら ⇒








  憧れていた姉を失った女子高生ハルカを主人公にした静かなイニシエーション物語
「赤を視(み)る」。これはハルカの精神的な成長を淡々としたモノクロスタイルで描いた短編映画。まるで女子高生が初めて指にはめる決して高価ではないジュエリーのような輝きで魅せてくれます。
主人公のハルカには、17才で注目の新人美少女・溝口麻衣(関西テレビ「りえむら」出演中)が初々しいデビューを飾ります。ハルカの親友エリには独特の魅力を発揮する岸本真実、そしてハルカが憧れる姉には「ばかのハコ船」「つぶろの殻」の細江祐子。監督は大阪芸術大学出身で静かな映像文体が魅力、本年度ドイツのハンブルグ映画祭でも長編作品「大地のいさな」が上映された浅川周(あさかわ・まこと)。撮影には「どんてん生活」「ばかのハコ船」「リアリズムの宿」と山下敦弘監督とのコンビで知られる近藤龍人が初のモノクロ撮影に挑戦した。
美術も同じく「ばかのハコ船」「リアリズムの宿」を担当した宇山隆之。音楽はピアニカを使いこなし山本精一ら関西の音楽シーンや若手映画監督も注目する「あらかじめ決められた恋人たちへ」が担当した。

「僕の作る映画と違って、この作品は映画というものを全く疑ってないように見えた。監督の浅川にはもっともっとその視点を研ぎ澄ましてほしいと思った。次また観せてね。」   

  --- 映画監督 山下敦弘 (「ばかのハコ船」「リンダ、リンダ、リンダ」)


「4月にフランクフルトの第5回ニッポンコネクション映画祭で見た「赤を視る」は心を打った。日本映画に珍しい実在性を感じさせてくれたこの作品の完成度は非常に高く、「死」に直面することによって「生」の意味を見出すという真剣なテーマは、監督がまだ二十代と思えないぐらい成熟している。流れていく粒の粗い白黒の映像は、姉の自殺によって実存的な危機に落ち入る女子高生の哀愁と不安を見事に表出している。少女の生きている何気無い日常の中に、人生の重要な全てが盛り込まれているように思う。大事な人を失った主人公は「生きる」方法を探り、大人に成長して行きながら、これから大事になるかもしれない人と出会う。「赤を視る」は素晴らしい恋愛映画としても見ることができる。」

  ---- ドメーニグ・ローランド/Roland Domenig (ウィーン大学助教授、日本映画研究)


「大人びた時間の流れだ。それは若き哲学者の視点である。

少女はこの世界にそっと触れてみる。そこには痛みという事実があった。決して派手ではないものの中にきらめきがある。そこにあるのは緩やかな揺らぎ。美しくも醜くもない。普通であること自体がいびつであるという事実。当たり前にやって来る死。そんな哲学的な時間の流れを浅川周監督は飾らずに描いていると思う。」

  ---- 映像作家 丹下紘希(映画「FASTNER」、ミュージックビデオ「Mr.children くるみ」)


PLANET Studyo plus one / プラネットスタジオプラスワン
TEL : (06) 6359-7830  ADD : 大阪市北区堂山町15-2関西中央ビル別館B1
MAIL : info@cinetlive.com   WEB : http://go.to/planet1/


 TOP | ストーリー | キャスト&スタッフ予告編 | 撮影日記 |監督について | ▲このページのTOPへ
シネトライブのページへ