トップページ > はじめに

これからの自分の映画へのアプローチを選ぶ場。
「俳優と監督とがどのように対峙するか」を見つめる場、見つける場。

このワークショップの唯一でありながら、確かな目的です。

その目的のためにはじめに、10人の映画製作者が交錯する、全11回の現場を用意します。 それぞれの現場において、それぞれのつくり手がどのように俳優に向き合うか、映画に向き合うか。それぞれの俳優がどのようにつくり手に、映画に向き合うか。を呈示していきたいと思います。
 
参加者は、それを選ぶ立場です。 全11回の中で複数生まれる、それぞれの対峙のいずれを選び、自分には何ができるのか。それを選んで頂きたいと思います。

オーディションのシード権、出演権、作品製作助成などの確実なものはご用意できません。しかし本来、そうしたものを手にする以前に手に入れておきたいもの、「自分ならばどう映画にアプローチするか」という戦略を練り上げるに足るだけの、実践の場はご用意させて頂きます。

俳優コース/監督・製作コース、とコースは2別されていますが、上記の意図のため、いずれかのコース参加者が、別コースのカリキュラムを受けても無料とします。

全11回の現場に、どうかお付き合い願えればと思います。


Copyright (C) 2006 PLANET+1 All Rights Reserved.